有限会社スポーツ推進センター グリーン体操クラブ

グリーン体操クラブ
グリーン体操クラブからのお知らせ

1992年 体張ってます!

2020年01月31日(金)11時50分

大人との自然な触れ合いの中で子ども達は自然に様々な能力を培っていきます。

大人が元気に関われば、子ども達も元気になります。

大人が前向きならば、子ども達も前向きになります。

画像は1992年の越路教室の様子。指導員も子どもも体張ってますね!こんな関り方がより必要になってくると思います。

1月のサ〇メシは恵方巻とアサリ汁🍙
間食した後に、方角どっちだっけ??

見えないをイメージする力

2020年01月18日(土)10時57分

冬シーズンは縄跳び&大縄跳びを体育教室の中で取り入れています。

上手に跳べない子も練習に練習を重ねて最終的にはある程度連続で跳べるようになりますが、上達するための方法が「見てまねる」から「言葉の説明や仕組みを理解する」へと、子ども達自身が変わっていかなければいけません。

なぜ言葉の説明や仕組みの理解をしなければいけないのか?

それは見えていない部分もイメージまたは予測して動かなければいけないからです。

「 縄が自分の足元に来た!→よし跳ぶ準備をしよう→跳んだ・・・」「お友達が跳んだ!→よし自分も跳ぶ準備をしよう→跳んだ・・・」では、すでに縄に引っかかってしまいます。

見えてはいないけど、自分が回している縄がどの位置にあるのか?どれくらいの時間(タイミング)で足元に縄が来て跳べばいいのか?

など、仕組みを理解して物の動きと自分の動きの予測をする力が必要となり、縄跳び&大縄跳びの練習の中ですべての動き、スポーツにつながる「イメージする力&予測能力」が身に付きます。

さあ、あきらめずに練習、練習!!

 

 

 

 

令和2年 レッスンスタート

2020年01月16日(木)11時11分

令和2年のレッスンスタートしました。

暖冬小雪、生活するには楽ですが雪国新潟県人にとっては少しさみしいですね・・・スキーができないことがですが・・・。

昨年末、スポーツ庁が小学5年生男子と中学2年生男子の運動能力の低下を公表しました。

・授業以外の運動時間減 ・スマートフォンなどの使用時間増 ・小中男女の肥満増 などが指摘されています。興味深いデータですね。

運動に関わろうとする意識の変化が、特に子どもの運動能力に影響を及ぼしている気がします。

栄養が豊富で情報も環境も豊富、体も大きい、手足も長いし成長も早い、昔(約30年ほど前)と比べて子どもの身体能力は向上していると思いますが、自発的に体を動かす習慣から与えられて体を動かす習慣に変わってしまったことで、その身体能力を生かすだけの運動能力が備わらなくなってしまった。そんな気がします。

与えるだけの環境から自発的に導く環境へと変えていかなければいけない、2020年オリピックイヤー以降の課題だと思います。

 

↓ 風船教室ではありません。サッカー教室!

まずは目のトレーニングから。ゆっくりエンジンをかけていきましょう!

謹賀新年

2020年01月06日(月)15時12分

新年明けましておめでとうございます。
会員の皆様、ご依頼をいただきました園様、団体様、昨年は誠にありがとうございました。本年もグリーン体操クラブおよび新潟スポーツアクトをよろしくお願いいたします。
今年はいよいよ東京オリンピックイアーとなります。そんな中で当クラブでは「すべての人たちにスポーツの恵みが平等に行き渡る社会」を目指し邁進していきたいと考えています。スポーツに関する様々な事を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

年末

2019年12月28日(土)14時35分

2019年最後のレッスン✩

指導員はインフルエンザにビクビクしてますが、子ども達はばい菌を吹っ飛ばすほどの元気で体操に取り組んでいます。

見習わないとですね・・・(^^ゞ

↓ グリーン体操クラブのサ〇メシ(第二回)

前回は手作りハンバーガー、今回は手作りローストビーフ丼です。

健康管理、体調管理も仕事のうち、というのは古い考えでしょうか・・・。

でも体力勝負の仕事です!

まずは食べる事を大切にしておきましょう。

がんばれ谷内田哲平選手!

2019年12月26日(木)17時18分

体育指導を行っているこども園にJリーガーが来てくれました!
京都サンガFCに入団が決まった谷内田哲平選手。
ここの園出身で、在園時代は正課指導でですがグリーン体操クラブの体育指導も経験していました。
子ども達の前でプロのテクニックを披露。小学生の子達と写真も撮ってくれました。ありがとうございます!
長岡出身のJリーガー、応援しましょう!
がんばれ谷内田選手!

「越路スポーツしようDAY」無事終了

2019年11月01日(金)11時19分

10月27日(日)長岡市越路体育館開館40周年記念「こしじスポーツしようDAY」無事に終了しました。お越しいただいた地域の皆様、ありがとうございました。

新潟スポーツアクトととしてオープニングのヒップホップダンスと逆上がり教室ブースを担当しました。

ヒップホップダンスは、今シーズン初の発表でしたが、堂々と元気よくダンスを披露してくれました☆

逆上がり教室では25分のレッスンを4回に分けて実施。多くの親子が参加してくれました。

グリーン体操クラブ㊙逆上がり攻略練習法で逆上がりの仕組みと体と力の使い方を理解してもらい、中には高学年で初めて逆上がりができたというお友達も!

逆上がりの練習自体が様々な身体機能のレベルアップに繋がるので、諦めずに続けてくださいね☆

越路体育館開館40周年記念イベントのご案内

2019年10月18日(金)10時31分

長岡市越路体育館が今年で40歳をむかえます。

40歳の誕生会イベント「越路体育館開館40周年記念 越路スポーツしようDAY」が開催されます。

オープニングイベント。スポーツ体験ブース&飲食ブースあります。

是非遊びに来てください☆

チラシのダウンロードはこちらから 。クリック→チラシ表 チラシ裏

 

新潟スポーツアクト 活動報告

2019年10月16日(水)09時52分

スポーツの秋、元気に活動中!

新潟スポーツアクト「facebook」←チェック

「いいね」お願いします☆

熱中症と水の事故に注意

2019年07月06日(土)08時00分

今年も「熱中症」に注意ですι(´Д`υ)

体は汗をかき、その汗が蒸発することで熱を放出し体温調整を行っています。特に湿度が高いと体の表面についている汗が蒸発しません。汗が蒸発しないと、汗が体の表面を膜のようにおおってしまい熱がこもります!

汗は体の水分です。水分を摂らなければ体はカラカラ「脱水症状」なります。のどが渇いたと感じてる時はすでに軽い脱水症状を起こしています!

体重の2%の水分が失われるとパフォーマンス能力が著しく低下します。3%の水分が失われると体の生理的機能が低下します。これは脳にも影響を及ぼし、集中力や判断力の低下、そして思わぬケガや事故につながります!

そして、熱中症症状へとなります。※熱中症は脱水症状、熱疲労、熱射病、日射病、熱痙攣、熱失神等の総称です。

では、熱中症を防ぐには・・・

①汗をこまめにふき取りましょう!汗が蒸発しやすい肌環境を整える事が大切です!

②のどが渇いたときにがぶ飲みするのではなく、のどが渇く前にこまめに少量の水分を摂るようにしましょう!「こまめ飲み」の方が水分が体へ浸透していく効率が高いです。

③汗拭きタオルは必ず常備!帽子をかぶったり、風通しの良い服装を着るなど暑熱環境に適した格好や準備をしましょう。

④日陰やクーラーの効いている部屋など、涼しい場所を把握、確保しておきましょう。

今年はさらに注意が必要⚠

さらに心がける事は・・・↓

①日中、外での連続活動時間を短くしましょう。※建物の中でも注意が必要です。

②常に体調に注意しましょう。※寝不足や疲れがたまっている時は注意。

やめる勇気、休む勇気を持ちましょう。

etc.

いつでも誰でも熱中症の危険があると意識することが重要です。※その時は大丈夫でも夜に症状が悪化する場合もあります。

熱中症になってしまった際の対処法・対応もしっかりと調べて準備しておくことも大切ですね。

特に子どもは遊びや運動に夢中になり、休息や汗拭きや水分摂取がおろそかになってしまいます。大人がしっかりと管理・指導してあげてください。

皆さん、熱中症には十分注意して、楽しい夏を過ごしましょう!!

水の事故の怖さ⤵


スタッフ募集